はらぺこな女子大生のブログ

地方女子大生の大学生活、部活、休日のこと中心!

大学の部活とサークルの違い5選(本気度・活動頻度・活動費・人間関係・充実度)

目次

はじめに

1.本気度

2.活動頻度

3.活動費

4.人間関係

5.充実度

最後に

おまけ

 

 

 

 はじめに

 

 

こんにちは!

はらぺこあげはです。

 

学生時代、何かしら部活やサークルに所属する人が多いと思います。

私は、小・中・高・大と部活をしていました。

 

大学は理由があって1年半で退部して、今は2つサークルに所属しています。

部活もサークルも全て、体育会系で全部競技が違います。自分でもびっくりです。

とまぁ、体を動かすのが好きなわけです。

 

個人の話はさておき、いままで部活人間、ゴリゴリの体育会系だった私が大学2年生でサークルに所属して感じた部活とサークルに違いについて、

独断と偏見もありますが紹介していきます。 

 私の場合でサンプル数1ですけど(笑)

 

 1.本気度

 

本気度はお察しの通り、断然部活が上ですね。

 

部活の目的は

「勝つため、成果をだす(コンクール入賞とか)」

 

 

サークルの目的は

「楽しむ、リフレッシュ、人脈作り」

 

でしょうか、

目的が違うので、練習の雰囲気や練習内容、活動頻度も大きく違うわけです。

サークルもある程度は本気ですけど、部活ほど身を正直けずりません。

疲れたら休憩、安全、休息第一です。

 

 

 2.活動頻度

 

大学で所属していた部活は、

平日週3回、土、日と週5日で練習をしていました。

勝つためには試合にでるためには、当然量をこなす必要があります。

 

普段の練習に加えて2、3人で空きコマには自主練習をしていました。

余談ですが、みんな同じ練習内容なので他と差をつけるには自主練習だ!とせっせと毎日、技術練や体力づくりをしていたので実は休みなしです。

 

長期休暇はリーグ戦(インカレの予選みたいなもの)、ここが本番なので、

長期休暇はありませんでした。長くて3連休とか。

 

重要な時期が競技によって違ってくるので全部の部活が休みなしではないです。

他の部活の友達は8月はほぼ毎日で9月はオフという人もいました。

 

 

一方、現在のサークル

週1~2回です。参加人数も日によりけりです。

他のことで忙しいときは1か月ほど行かないのも普通です。行きたいときに行く!

息抜き程度なのでこんな感じです。サークルで部長やその他の係ではないので

ゆるーくやってます。

 

 3.活動費

 

部活をやっていたころは月2~4万円ほどでした。

日帰りの遠征で約4000~6000円、合宿が3、4万円でした。

 

所属団体にもよりますが、練習試合や合宿、大会等に参加する回数はサークルより多いと思います。

特に長期休暇中は試合が集中するので出費が多かったです。

 

 

サークル活動費は今のところほぼ0です。

学校からおりるお金のやりくりで足りているらしいのと、今のところ特に大会や練習試合には参加していないからです。

サークルは活動費というより、付き合いのお金、飲み会とかご飯行くお金がかかるなって感じです。行く、行かないもあるので人それぞれではないかと思います。

 

 

 4.人間関係

 

部活の方が人間関係は濃いと思います。

単純に、会う回数が多い、同じ目標をもって一緒に努力している、苦しかったり、悩んだりを一緒に乗り越えると必然的に仲良くなるし、絆も深まりました。

 

サークルは所によりけりですが、人間関係は浅く、広くという感じです。

会う回数も少ないし、名前すら分からない人もいます(笑)

その場のノリで楽しく付き合っている感じです。

仲は良いけど、サークル以外で会ったり、遊んだりはしないです。

部活と違って異性の友達ができました。まぁ、出会いの場でもあるかと思います。

 

 5.充実度

 

これは一概に部活だ、サークルだとは言い切れません。

 

その人の目的によるかと思います。

 

私が部活をしているときの目的というか理由は

 

「大学生活のほぼすべてが部活」であり、

「部活で成果を出したい、試合で活躍したい」

 

ということを思っていました。

やめるまでは、すごく競技が好きだったし、

仲間ときつい練習を乗り越えたり、試合で活躍できたりすること=充実 

でした。

 

部活をやめた理由はさておき、今は、

 

「将来に向けて勉強する、

色々なことにチャレンジしたい」

 

と思っているので、サークルが全てではありません。

 

「生き抜き程度」で良いので、

週1,2でスポーツするのが楽しい=充実 

という感じです。

 

 さいごに

 

部活とサークルの違いについて体験をもとに書きました。

人それぞれ、目的やゴールが違うので自分のスタイルにあった所属団体を選ぶことをおすすめします。

 

がっつり一つの事に熱中して仲間と切磋琢磨したい、目に見える成果がほしい

深い人間関係を築きたいという方は部活で、

 

アルバイト勉強趣味などいろいろやりながら生活に余裕をもち

息抜き程度で活動したい、出会いの場広い人脈が欲しい

という方はサークルがあっているのではないかなと思います。

 

 おまけ

 

私は思い切って部活を辞める選択をして後悔をしていません。

ゴリゴリの体育会系で試合に勝ちたい、あの選手に追いつきたいと死に物狂いで練習をして、いつも部活のことばかり考えていることが幸せな日々もありました。

 

一方、一つのことにこだわらず色々チャレンジできる環境にあり、

大学の内だけにとどまらず新しいことにチャレンジしたり、

様々な人と交流をして新しい気づきがあることや

時には立ち止まってゆっくり考えることができる現在も幸せです。

 

大学生活で異なるライフスタイルを経験できたのはとてもありがたいなと思っています。また、自分が部活に所属し安定している状況から、今までの関係がなくなるかもしれない「辞める」という判断を下すことができたのも私にとっては大きな経験です。

辞めたあとの実際について他の記事で紹介しているので、読んでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

はらぺこあげは