はらぺこな女子大生のブログ

地方女子大生の大学生活、部活、休日のこと中心!

夢日記書いたら1週間で異変を感じたので辞めた話

目次

1.はじめに

2.夢日記のメリットとデメリット

3.実際に試した結果

4.最後に

 

 

 

 

はじめに

こんにちは。

はらぺこあげはです。

 

みなさん、夢日記ってご存知ですか?

 

夢日記とは!

将来の夢を書く日記〜とかではなく!

 

寝てる時に見てる夢!

 

それを記録することです。

 

 

実は、高校3年生のときにネットで夢日記の存在を知りまして興味本位で始めました。

 実際にやってみた経験上、結論をもういいますが、

 

危ないです!おすすめしません!

 

では、そう思った理由と、夢日記についてもご紹介します。

 

 

 

2.夢日記のメリットとデメリット

 

メリット

明晰夢が見れるようになる(夢を操ることができる)

幽体離脱の成功率上がる(信じられん!)

・感覚が研ぎ澄まされる(現実世界にて)

 

デメリット

・現実と夢が区別がつかなくなる

・嫌な夢も忘れられなくてトラウマになる

・現実世界で意味のわからない発言が増えて怪しがられる

 

 

こんな感じで紹介されてたんですよ!

 

えー!明晰夢って夢を自分で好きにコントロールできるやつじゃん!

自分が見たい夢見れるって最高じゃん!

って思って。

 

ちょうどその頃受験生だったので夢の中でも勉強できたら最強!!

第1志望校合格だー!

(頑張る方向間違えてました(汗))

 

デメリットあるけど、気をつければ大丈夫じゃないかな

(何を気をつけるか分からなかったけど)

 

という短絡的な考えから夢日記を始めました笑

 

 

 

3.実際に試した結果

 

まず、普通に朝起きてすぐ!(ここがポイントです、忘れないうちにすぐ!!)

ノートに覚えている範囲で細かくなんでもいいので夢の内容を記録しました。

 

で、寝る前にもそれを読んで寝るっていうのを繰り返しました。

 

 

4四日目あたりから、

夢を見ているときに

あ、いま、夢見てるなぁ

と自分を客観視できたり、夢が鮮明というか妙にリアルになってきました。

 

 

で、1週間たったときに、

夢が鮮明だし、1週間分のありえない夢を覚えているし

 

なにより!

 

寝た気がしない!気持ち悪!

 

っていう状況に気づきました。

 

で、本来の目的である明晰夢が見れるようになって夢の中でも勉強するぞ!

って思ってたんですけど、

 

現実世界で勉強に集中できない

という本末転倒な結果に終わりました。

 

それで、1週間で夢日記を辞めたわけです。

 

 

 

 

 4.最後に

 

この記事を書くきっかけになった経緯として、夢日記を書いていたノートを部屋の片付けをしていたら見つけたんです。

 

もう、あれから2、3年経っているけれど読み返すと、

半分くらい夢の内容が蘇ってきました。。。

 

おそろしやー

 

 

ということで、最後に!

夢日記はもうやろうとは思いません。

1週間で異変に気づきます。

それ以上続けていたらと考えると恐ろしいです。

 

したがって、おすすめしません!

 

 

好奇心旺盛でやってみたい!という方がいるかも知れませんが、自己責任で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

はらぺこあげは