はらぺこな女子大生のブログ

地方女子大生の大学生活、部活、休日のこと中心!

【LCC 】機内持ち込み可能キャリーバッグ(54×38×23cm 以内)

1.はじめに

2.スクートで機内持ち込みしたスーツケース

3.国際線LCC機内持ち込み規定サイズ

4.さいごに

 

 

 

 

1.はじめに

 

こんにちは。

はらぺこあげはです。

 今や、お金がないから海外旅行にいけない!という時代ではなくなってきていますね!

そう!LCC(Low Cost Carrier)のおかげで!

 

LCCでは座席指定や機内食、受託手荷物のサービスを省くことでさらに安くで航空券が手に入ります!

 

手荷物について?な部分が多いですよね。

手荷物について、あずけないで(受託手荷物なし)機内持ち込みにする際には規定内のサイズや重さを守らないといけないんです。

 

規定サイズや重さを超えてしまうとまぁまぁ高めな追加料金が発生するのでそれでは本末転倒です。

 

今回は、スクートで機内持ち込みをしたスーツケース各国際線LCC航空会社の規定サイズ・重量を紹介します。

 

 

 

 

 

2.スクートで機内持ち込みしたスーツケース 

 

成田↔バンコクドンムアン空港)でスクートを利用しました。

その際に受託手荷物なしで全て機内持ち込みにしました!

 

スクートを初めて利用したのでオプションなんてどうでもいいやと思って一番安いものにしたら、受託手荷物が預けられないものだったんですね、、、

 

追加で申し込むのも面倒なので、機内持ち込みできるスーツケースをもっていこうじゃないかと新しくスーツケースを購入しました。

(今後、どんどんLCCを利用したいのでこの機会に買いました!)

 

今回購入したのはこちらです!

 

 

キャリーバッグの店ギンガムさんから購入しました。

商品番号:BASIL-019

 

サイズ  54cm×36cm×23cm(SSサイズ)

本体重量 2.55㎏(ファスナータイプのため軽いです)

本体容量 26L

TSAロック(ダイヤルロック)

四輪のダブルキャスター

カラーバリエーションは10色!!

 値段4680円!!

 

 

 

f:id:papilionidaechang:20190214144059j:plain

【写真1 全体図】

左においてあるのは2Lペットボトルです。高さはこれ2本分はないかなという感じですね。

 

 

 

f:id:papilionidaechang:20190214144117j:plain

【写真2】横からみたとき

TSAロック式です。ファスナータイプのため防犯は△ですが、軽量化を考えると仕方ないかなと思います。

 

 

f:id:papilionidaechang:20190214144216j:plain

 【写真3】中身

小物を収納するスペースや荷物がずれないように固定できるゴム製のひももついています!

 

 

使った感想としては、本体が軽い!

1、2泊なら十分、3泊なら少し頑張ればなんとかなります!

(季節によりますが)

ちなみに、2泊分の服を入れて5.8㌔でした。(本体重量も含む)

LCCだと7㎏以下の会社が多いと思いますが、工夫すれば7㎏以下に荷物を収めることは可能です!

 

内側にはファスナーがついていて収納小物を収納するスペースもあります。

持ち手は三段階で調節できて便利です。

 

 

安いので1、2年に一回買い替えても良いかなって思います。

スーツケースって自分が大事にしていても他人にぶん投げられますから、、、

消耗品ですね(笑)

 

 他にも候補として、色々みたのですがどれも若干スクートの規定よりサイズオーバーしる&値段的な問題もありこのスーツケースに決めました!

コスパ良いと思います!

発送も早かったし、支払方法もクレジット、コンビニ、郵便局(ゆうちょ)、後払い(手数料あり)と選択できたので良かったです!!

 

 

↓今すぐ購入したい!というかたはこちらをクリック!

機内持ち込み可能キャリーバッグ (楽天市場のページへ)

 

 

 

 

 

 

3.国際線LCC機内持ち込み規定サイズ

 

スクートを含むLCCの手荷物持ち込みサイズと重量は2019年2月14日時点で以下の通りでした。

各航空会社のホームぺージで直接確認して下さい。

以下のデータは参考程度でどうぞ!

 

f:id:papilionidaechang:20190214091936p:plain

国際線LCC機内持ち込み手荷物サイズ・重量



上に示してある重量は持ち込む大きい荷物(キャリーバックやリュック)と身の回り品(小さめのリュックやバッグ)と合わせての重量ですので注意です!

 

※スクートではキャリーバックや大きい荷物が7㎏以下もうひとつの身の回り品(小さいバック)が3㎏以下合わせて10㎏以下ということですので、

キャリーバックの重量は7㎏以下に抑えなければなりません!

 

 

今回紹介したキャリーバックだと、赤文字のイースター航空、ジェットスター春秋航空エアアジア、香港エクスプレス、エアプサン、チェジュ航空、タイガーエア、スクートでの機内持ち込みが可能です!

 

また、エアプサン、チェジュ航空、タイガーエア、スクートでは大きめの荷物のほかの身の回り品と合わせて10㎏まで機内持ち込み可能なのはありがたいです!!

 

他の航空会社だと若干幅がオーバーしていたりしますね、、、

スクートに乗ったときに、若干規定サイズよりそれ大きくない??

とつっこみたくなるキャリーバックを機内に持ち込んでいる人が何人かいました(笑)

 

 

まぁ、明らかに大きくなければ許されるのかなとおもいましたけど、その際には自己責任でお願いします。

 

ちなみにスクートを2019年2月に利用したときには、成田空港ではWebチェックインや自動チェックイン機がなくカウンターでチェックインした際に機内に持ち込む手荷物の重さを計りました。

搭乗の際にはとくに荷物のサイズや重さの確認はなかったです。

 

 

 

さいごに

 

 LCCを利用する際に手荷物について知っておけば、通常よりも数千円安く済ませることができます!

 また、国際線だけでなく国内線でも同じことがいえます。

 

 

他に安くすませる方法として各航空会社がタイムセールを行っているので定期的にホームページをチェックすると良いタイミングでほしい航空券を手に入れることができます。

なんと!ピーチの国際線では(2019年2月15日0時~の72時間タイムセール)

 

 

大阪(関西)↔仁川(ソウル) 1490円~

大阪(関西)↔台北(桃園)  1990円~

東京(羽田)↔台北(桃園)  4990円~

 

めちゃくちゃ安いです!!

こちらのサイト他のLCCのセール情報をで紹介していますので気になった方は見てみてください!

 

 

dsk.ne.jp

 

 

item.rakuten.co.jp

 

 

 

はらぺこあげは