はらぺこな女子大生のブログ

地方女子大生の大学生活、部活、休日のこと中心!

【新入生】新歓でブラックな部活・サークルに入部しないために知っておきたいこと

 目次

1.はじめに

2.ブラックなサークル・部活って?

3.ブラックかは部員の行動や言動を観察

4.ブラックか見極める質問

5.ブラックじゃなくても直感的に雰囲気が合わなければ✖

6.さいごに

 

 

 

 

 

 

1.はじめに

こんにちは!

はらぺこあげはです。

 

受験勉強お疲れ様でした!!

そして、新入生のみなさん、入学おめでとうございます!

 

受験勉強から解放されて、これからの大学生活で思いっきり遊ぶ、部活、サークルに入りたい、バイトしたい、恋人欲しい!

と様々な希望を胸に抱いていると思います!

 

4月といえば、新歓に行きさまざまな部活・サークルに行くと思いますがその中でブラックな部活・サークルに誤って入ってしまわないためのポイントをご紹介します。

 

私は1年生の頃に6、7個の部活・サークルの新歓に行きました。

また、実際に新歓する側だったのでその辺も踏まえてお話します

 

 

 

 

2.ブラックな部活・サークルって?

 

まず、何がブラックなのか知らないと見極められませんね(笑)

一般的にブラックだと言われている部活の特徴は以下の通りです

 

・いじめがある

・飲酒を強制させられる

・先輩が神様(理不尽な上下関係)

・極端に休みが少ない

・健康を害するまでの練習量

・留年している人が多い

 

 

こんな部活・サークルって全然魅力的ではないですね。

しかし、入る人がいるためいつまでも存続します、、、

 

明らかにブラックな部活って新歓で分かることもあるのですが、

新歓でうまく取り繕っている所もあるため、そのような所には注意です、

見抜く術を身につけましょう!

 

 

 

3.ブラックかは部員の行動や言動を観察!

 

部員の行動(態度)や言動を観察していると、何となくそのサークル、部の事が分かります。

 

・実際に部員が飲酒を強制させられている

・先輩を異常なまでによいしょ、よいしょしている(過大評価、もちあげている)

・後輩を召使いのように扱う

・部員自身が楽しくなさそう

・内輪ネタばかりで上級生が盛り上がっている。(新入生置いてけぼり)

・質問に対してぼんやりとした返事しかない

・留年、単位落とすはあるあるだよ~、死ぬこと以外かすり傷(笑) みたいな発言がある

 

 

 

 

先輩、後輩、同期の仲や上下関係は新歓でもそのままだと思います。

新入生置いてけぼり現象は最悪です。そういう内輪ネタで盛り上がるところは部・サークルの独特の決まりがあったり、なんだか閉鎖的で入ってしまうとなかなか抜け出せない感じはありました。

 

部・サークルのことを知りたいから質問をしているのに、活動頻度や遠征の有無や特に!お金のことをごまかすところは、とりあえず新入部員が欲しいので入った後になんとかなる!というスタンスです。こういうところには注意です。

 

 

 

 

 

 

4.ブラックか見極める質問!

 

・練習、活動の頻度、時間 (多すぎは注意)

・長期休暇の有無  (長期休暇ないのはしんどいです)

・活動費

 (部費と遠征費は別物と考えましょう。部費が安くても遠征費バカ高い場合があります)

・飲み会の頻度 (体育会系だと年に4~5回だと思います。それ以上だと多いです)

 

・留年している人がいるか (20人くらいの集団で1、2人ならまだしも、4、5人以上だとアウトです。よろしくない環境に身を置くことは大変危険です)

 

・辞めた人の割合(辞める人が多いところは何らかの理由があるからです、躊躇せず辞めた人はなぜ辞めたのか聞きましょう)

 

 

 

 

 

5.直感的に雰囲気が合わなければどっちにしろ✖

 

ブラックでなくても、直感で雰囲気あわないなと思うところはおすすめしません。直観はあたります(笑)

新学期に新しいクラスで友達を見つける時に直観で合う、合わないなと感じるのと似ています。うまく説明できなくてすみません。。。

競技や活動内容がめっちゃ魅力的!楽しそう!という場合はとめませんが(笑)

 

個人的には雰囲気があってる、自分と似たような人が多いと居心地が良くてストレスなしに活動できる確率が高まるかと思います!

 

 

 

6.さいごに

 

新歓時期に絶対に所属する部活、サークルをきめなきゃ!

とあせらずに、吟味することも大切です。

ゴールデンウイークや夏休み後に入部する友達は普通にいました!

私は2年生から新たなサークルに所属し掛け持ちをしています。

 

気になる部活・サークルが複数あれば初めのうちは掛け持ちでスタートして一つに絞る、掛け持ちを続ける!と後で判断すればよいと思います!

 

新入生の皆さん、充実した大学生活をお送りください!

 

最後に、訪問ありがとうございます!

大学生活についての記事を書くのでまた来て下さい!

 

はらぺこあげは